上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
天気良いけどいっ (;´Д`) 乳頭いっ いっ (((-ω-)))
今朝のとあは寝言言いながらよぅ寝ちょる可愛いなぁ~
こんなに可愛いからどんな辛い寒さや痛みや眠さなんて忘れちゃう 実際は忘れんが…
さて今のうち出産当日の記録~その1~の続編書くぞー
 
 
 
病院迄は徒歩10分位。
深夜と言えども信号待ちだったり振動があまりないように運転してくれたりとで
病院へ着いたのは10分以上はかかったと思う。
車が止まった所は救急入口。余裕があれば写真撮りたかった・・・
鈍痛で歩くのも一苦労な状態だったのでtomoの支えが心の支えでもあった。

病棟へ到着後、内診をし病室へ通されパジャマに着替える用に指示される。
またこれ着替えも鈍痛で一苦労。だけど病室には1人先客が…
夜中だったので静かにしなきゃと思いつつも痛みがこらえられず声がでてしまう。
後程わかったのだがこの人はとあるSNSで知り合った出産予定日が1日違いだった人だった。

着替えた後は陣痛室に通され赤ちゃんの様子を見るからと機械を付けられる。
まだ、この時はなんとか動けた感じ…
隣には先客がいてかなり陣痛が痛そうな声が聞こえた。とても辛そうだ。
時間が経つにつれ鈍痛がどんどん強くなり声が出てしまう。
これが陣痛というものなのか…
イキまないように大きく息を吸い『ふ~』と吐き出す。
陣痛でイキミそうになる時に隣から『ふ~ふ~』と聞こえると我に返り
イキミ逃しができた。隣の人がいて良かった。

陣痛室での戦いは陣痛との戦いと同じく睡眠との戦いでもあった。
これはtomoも同じだったようで陣痛室で2人揃って落ちては陣痛で起こされ
陣痛がおさまったかと思ったら睡魔に襲われて…
寝てる時に来る陣痛がビックリするわ…痛いわ…睡眠不足で出産は危険だ。

病院についてから携帯見る余裕も無く時間の経過も記録出来ず
何度もイキミたくなり
間隔が早いかな…と思いつつも我慢出来ず助産師さんを呼び内診してもらう。
この内診…助産師さんの手に医療用の手袋?1回使い切り風なものを手につけ
ぐいっと手を入れられ子宮口を確認するもの。
陣痛の痛みと内診の痛みとでもうどうにでもなれって感じ"o(><;)o"

思いの外、子宮口の開きの早さが結構早かったらしく
外が明るくなって少ししてから分娩室へ移動する事になった。
(実際は数時間あったと思われる。後程tomoに聞くと分娩室へ移動したのは8時位だったと言う。)
陣痛の痛みで1歩1歩が辛く途中陣痛で動けなくなる程だった。
ドラマで見るような壁にもたれつつ崩れ落ちそうな感じ。
あれ?パジャマから分娩着に着替えたのはいつだったんだろう…
(もう既にこの時にはいっぱいいっぱいだったんだね。全然覚えてないや。)
やっとの事で分娩台に乗り人生初の点滴を(左手手首から肘の間の手首よりに)付けられる。
この時はまだイキんではいけない状態なのでイキミ逃しを継続。
しばらくすると黄色い服?着たtomoが分娩室へ入ってくる。
変な格好(ノ∇≦*)と思い少しホッとした。
はい。そこから更に記憶が曖昧に。
イキミ逃ししている時からイキんで良くなった時に
いつのタイミングかわからないが助産師さんの服装が変わってた。

前日21時過ぎの陣痛⇒当日病院行く前の陣痛⇒陣痛をこらえ歩く⇒内診⇒着替え
⇒陣痛室での陣痛と睡魔⇒イキミたくなってきた頃の陣痛⇒分娩室迄の距離…
全てその時その時で1番辛いと思ってたけど
どんどん痛み(辛さ)が増していってて、やっぱ1番痛かったのがこれからだった。
 
 
 
スポンサーサイト

2008.12.18 Thu l 出産 l COM(2) l top ▲

コメント

いよいよ…
クライマックスまで後一歩か
手に汗にぎっちゃうね~
痛みがひどくなると何が何だかわからなくなるもんね。
私も記憶がないわ…
tomoさんがいてくれてよかったね!
2008.12.18 Thu l 山田鼻毛. URL l 編集
No title
ああ、読んでるだけで痛みを思い出しました。。
私は最高に痛かった時、看護師さんの手を思い切り握り締めてました。
本来手を握ってくれているはずのイルカ氏は、動転して「生まれる、生まれる」ってあちゃこちゃに携帯で電話しまくってましたからね・・・。
2008.12.18 Thu l Jordan母. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。